読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけおめ

皆様、明けましておめでとうございます。 そして、本当にお久しぶりです。 丸1日もかけてこの程度の絵しか描けないと言うのが いささか悲しいですが、まぁ、こんなもんです(T^T) 酉年だし、モチーフはやっぱとスズメかな〜wwwwww でも何だか寒いし、ぺたぺたしたお肌冷たい系のスズメはいやだな〜… こんな事を考えていたら、何故か 思い出したのが、ネバーエンディングストーリーのファルコンw でもファルコンはデカいし、描くのめんどいな〜… あ、そうだ!じゃぁ何かモフモフした小型のドラゴンにしちゃおう! なんてテキトーな事を考えつつ、描いたらこうなりますた。 なんか、子供の頃親に買ってもらったキツネの襟巻きみたいに なっちゃいましたが、一応、ドラゴンです。キリッ 触り心地はきっと、ネコよりもウサギよりも、もっともっとなめらかで、 ホワホワなんだろうな〜…(*´Д`)'`ァ'`ァという妄想をしながら描きました。 そして某風水で有名なアノ方が言っていた今年のラッキーカラー、 赤・黄・白で仕上げてみました♪ 新しい年が、幸せいっぱいな、元気な年になりますように…(*^-^*)v <ahref="adultnumberone.com">adultnumberone.com
http://kurumacar.xyz

夏は過ぎたけどゴーヤチャンプルの美味しい作り方

我が家のゴーヤチャンプルーのレシピを備忘録としてここにメモしておきます。 ま、そんな大したレシピでもないんだけど(^_^;) 俺のゴーヤチャンプルー 【材料】(ウチでは2人分だけど、たぶん4人分くらいある) ゴーヤ でかいの1個~ 木綿豆腐 1丁 卵 2個 キノコ 好きなだけ 鰹節 小分けのパック1袋 豚肉 150gくらいあればいける だしの素 1/3袋くらい ごま油・塩コショウ・ブラックペッパー・醤油 ①ゴーヤは縦半分に切ってワタを取る。好きな薄さにカット(ウチは3mm~5mmくらい)して、塩をまぶしてちょっと置いておく。 ②豆腐は水切りしておく。レンジでチンして、ザルにあげておくと早い。 ③ゴーヤは一度水にさらしてからザルにあげ、水気を手でぎゅっと絞る。 ④フライパンにごま油を熱して、豆腐を投入して適当に崩しながら水分を飛ばす。きついめに塩コショウをふって豚肉を投入。豚肉の色が変わってきたらキノコとゴーヤを入れ、炒める。 ⑤だしの素で味をつけて、少しだけ醤油(小さじ1~2)を加える。鰹節を入れて全体を混ぜ、ブラックペッパーをお好みで。 ⑥溶き卵を加えて、少し固まってきたら混ぜる。出来上がり。

http://uu134xn.xyz
http://lede76ic.xyz
http://kurumacar.xyz

スシローの社長

先日、関西テレビの番組に回転寿司スシローの社長が出演していたのを見たのですが、「スシロー」という店名に行き着くまでに、いろいろ経緯があったことを話されていました。  最初は「すし太郎」という名前だったようですが、これは永谷園のちらし寿司の素があるので、適切でないということで、次に考えられたのは「すし太郎」の「郎」をとった「すし太」。ところが、これも別に「すし田(すしでん)」という店があって紛らわしいとなり、その次に出てきたのは「すし太郎」の「太」をとった「すし郎」。これがカタカナ表記されて今の「スシロー」に落ち着いたということです。ちょうどその頃プロ野球イチローが脚光を浴びていたので、それに肖ったということもあるようです。  こういう紆余曲折を経て、名前が固まってきたのを聞いて、さすがに関西企業は困難にもめげず、すぐに切り替えられるのだなあと感じました。

 

http://ior12nb.xyz/
http://sumiaa34.xyz
http://yu54cv.xyz

デジカメどれ買おうか?

5年ぐらい使っていたオリンパスのデジカメが、xdピクチャーカードの接触が悪くなったので、できるだけ買ったものは長く使いたい私としては非常に不本意だったのですが、新しいデジカメを買うことにしました。  それで、まずメーカーをどこにするかですが、今も持っているニコンのフィルム一眼レフカメラが良かったので、ニコンにすることに。ところが、ニコンのデジカメで一眼レフとなると10万円近くになるので断念して、その半額以下になるふつうのデジカメにすることにしました。それがニコンCOOLPIX P90です。  ここまでは、まあそんなに時間はかからなかったのですが、問題はどこで買うかです。まず価格.comで大体の値段を調べたところ、最安値は35,000円ぐらい。これに送料と代引手数料がかかります。こういう基本情報をもとに、市内の販売店を回りました。まずカメラといえばキタムラですから、行ってみるとこの機種はなく、パンフレットもありません。次にミドリ電化へ行くと49,800円、ケーズデンキで交渉すると42,800円。ケーズデンキは5年保証もあるので魅力的です。  このように、いろいろ検討したのですが、結局6,000円の価格差の誘惑を振り切れず、5年保証付きで35,900円という名古屋のカメラドームというところでネット購入することになったわけです。35,900円と送料300円、代引手数料600円の合計36,800円で注文すると翌日届きました。  私としては、できるだけ地元の店で買いたいという思いが一方であるので、ケーズデンキが40,000円にしてくれたら買ったのになあと今も思っています。   車買取
車 査定
http://sumi12ua.xyz